毎年、4月頃から燕・ツバメが巣を作り出し、子育てを始めます。我が家は、例年に表門と裏の通用門の屋根裏が定位置です。

毎年、4~5月はツバメの元気な子どもたちの糞が落ちてくるので、下に新聞紙や使い終わったカレンダーの裏紙を敷いています。

下の写真は、親ツバメが飛んできて子どもたちに餌をやろうとしている瞬間です。エサをやる瞬間を写真に撮ろうとして息を潜めて静かに身を縮込めて待っているのですが、ツバメは警戒心強くて、なかなか人の気配をあると中に入ってきません。

今は、まだエサを貰うばかりの子どもたちですが、もう少しすると少しつづ大きくなり、巣からしっぽがはみ出してきます。