花展をした時のご紹介ページです。

立浪草

立浪草

初夏の野山に生える立浪草を採取してきて、白い花器に活けました。 
清楚で可憐なのですが、凛とした力強さが魅力的です。 
(島岡 香峰 作)

えんどう / びわ / 紫きゃべつ

SONY DSC

白や赤紫色などの蝶形の花を咲かせる。
葉は先端に巻きひげのある羽状複葉(鳥の羽のように左右に小葉がいくつか並んで1枚の葉が構成される)で、互い違いに生える(互生)。
花の後にできる実は豆果(莢の中に種子が入るもの)で、食用とされる。
栽培品種には莢の硬いものと軟らかいものがある。
非常に古い時代から栽培されていた。5000年ほど前の青銅器時代の住居跡から種子が発見されている。
また、ツタンカーメン王の棺に入っていた副葬品の中にも種子があった。
日本へは9世紀ないし10世紀に伝わったという。英名はグリーンピース(green peas)である。属名の Pisum はギリシャ語で古い植物名からきている。種小名の sativum は「栽培された」という意味である。
俳句では「豌豆の花」「花豌豆」が春の季語である。

みやこわすれ/あまどころ

SONY DSC
SONY DSC

いたどり / 野あざみ

SONY DSC

若いときには根出葉があり、次第に背が高くなり、茎葉を持つが、最後まで根出葉の残る種もある。 
草原や乾燥地、海岸などに出るが、森林内にはあまり出現しない。 
別名刺草。名前の由来は、アザム〈傷つける、驚きあきれる意〉がもとで、花を折ろうとするととげに刺されて驚くからという説がある。 

天理ダムの野山にて見つけた太くて立派な「いたどり」に 
裏のあぜ道で咲いている野あざみを活けました。